不動産会社について知る

何気なく利用している不動産会社ですが、実際どのような業務を行っているのでしょうか。
ここでは、不動産会社について掘り下げていきたいと思います。
不動産会社とは、不動産の売買、管理を行っている会社だということはみなさん知っていると思います。
家売却しかし、細かい業務についてはあまり知られていないのではないでしょうか。
不動産会社では、賃貸業務、仲介業務、管理業務の大きく分けて3つの業務があります。
マンション 売る賃貸業務については、不動産会社自身が持っている物件を貸し出す事が中心ですが、サブリースという所有者から賃借した物件を貸し出すという事も行っています。
仲介業については、入居希望者に対してのサポートを行ったり、売却希望者のサポートをしたりといったことが中心になってきます。
消費者と消費者をつなぐ非常に重要な業務だと言えます。
管理業務については、アパートなどの賃貸物件の貸主より業務委託を受けて、物件の管理全般を行います。
管理業務の内容については、貸主との契約で変わってきますのでそれぞれです。
宅地建物取引業法という法律が存在しますが、不動産会社の業務の中で適用されるのは仲介業務だけだということを覚えておきましょう。
仲介業務以外でのトラブルが発生した場合には、自分自身で解決しなければならない可能性もありますので注意しましょう。
不動産に関する相談などを行うには、不動産会社を通すのが一番だと思います。
不動産会社の業務について理解を深めて、不動産会社を利用する際の参考にしてください。

ページの上部へ